腎臓病のための効果的な食事


腎臓病にはスイカが良い、という話がありますが、これは真っ赤な嘘で、浮腫のある人がたまたまスイカを食べたらむくみが改善した事から言われている話だそうです。

スイカはカリウムが多く、腎臓病の人には適さない食べ物です。

腎臓病患者に良いとされる食事の基本は、高カロリー、低タンパク、減塩が大原則とされています。
カロリーを多く摂る事で主菜や副菜からの栄養の吸収を高める事ができるからです。

そして体力維持に必要なエネルギーとなります。


腎不全になると老廃物を減らさなければならないので、まずタンパク質を減らしましょうと言われますが、このタンパク質は3大栄養素の1つで、単に量を減らしただけではバランスが崩れてしまいます。

それゆえタンパク質を抑え、エネルギーはきちんと確保するための工夫が必要です。

まず、卵類、魚介類、肉類は1日に摂取する目安を決めておきます。


砂糖をたくさん使っている菓子類等は食べすぎを避け、でんぷんや炭水化物を積極的に使用するようにします。油は少量でも高カロリーなので揚げ物は毎日1回でも食事に取り入れるとエネルギーになります。

炒め物やサラダに好みのドレッシングをたっぷりとかけるのも効果的です。

お米やうどん、そば等、低タンパクに成分調整した食品を摂り、スパゲティやマカロニよりは、タンパク質のないはるさめを上手に利用してサラダや酢の物などに取り入れるのも良い食事療法と言えます。

最近では低タンパク食の人のために作られた治療用特殊食品というものもあり、カロリーは変わらないのにタンパク質は抑えられる食品です。
特に主食を治療用特殊食品に変える事はとても効果的とされています。

http://www.osaka-dent.ac.jp/ip/
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1356205888
http://happylifestyle.com/11214

フェイスリフト情報について詳しく解説しております。

今、話題のagaの女性に関する疑問が解決できます。

たるみ治療の特徴を紹介するサイトです。

心斎橋のニキビ治療情報をお届けします。

フィンペシアならオオサカ堂ならこちらが人気です。


Copyright (C) 2016 腎臓病のための効果的な食事 All Rights Reserved.