腎臓の負担を減らす腎臓病の食事とは


腎臓病は生活習慣病の一つと言われています。

腎臓病の治療法は薬物療法、食事療法、生活指導を中心に行われていますが、中でも毎日食べている食事は、自分の腎臓の症状に合わせて、献立を考えていくことが重要になります。


腎臓の負担を軽くし悪化させないためには、たんぱく質、塩分、カリウム、リンなどの摂取を制限する必要があります。

その中でも塩分は、多くの人が平均して1日に約12グラムの塩分をとっています。

1日の摂取量は8グラム以下と言われています。塩分は人間の体にとって、浸透圧を調整し細胞外液量を整えるという重要な役割を持っています。

ですが摂り過ぎると、それらを排泄している腎臓の負担を大きくし、その結果高血圧になり動脈硬化を引き起こす原因になってしまうこともあります。


特に腎臓病の場合は、食事で塩分を控えることが病気の進行を抑えるために重要なポイントになります。


減塩には調理のテクニックが必要になります。

例えば、煮魚は甘辛く煮た料理が多いですが、鰈一切れで、醤油大さじ3分の2、砂糖小さじ2で調味すると2グラムの塩分になります。

レモン風味にして浅葱を加えれば、塩分1グラム以内でもおいしく食べることができます。

薄味の煮物のコツは、新鮮で質のいい材料を選び、砂糖を控えることと、濃く出し汁を取り味付けをすれば十分、美味しく食べられるものです。

洋風の場合には、ワインなどを使用すると肉も柔らかくなるという効果もあります。


http://www.jda.or.jp/
https://www.facebook.com/imlpant
http://www.shika-implant.org/list/

オオサカ堂の口コミの口コミや評判を紹介しています。

あなたのご要望に応えるオオサカ堂の評判といえばこちらのサイトです。

お客様に相応しいオオサカ堂の口コミ情報を参考にしよう。

東京のホワイトニングのランキングはとても評判が良いです。

今、最も注目を集めるフィンペシアならオオサカ堂の特徴をご紹介するサイトです。


Copyright (C) 2016 腎臓の負担を減らす腎臓病の食事とは All Rights Reserved.