腎臓病の際の食事における主な注意点


腎臓病と一口に言っても、その症状や対処法ごとにいくつかの細かい種類があるとされており、まずは受診によって自らの適切な症状把握を行うことが肝心と言われています。一方でそうした腎臓病に属するとされる症状を抱えた場合に、症状の進行を遅らせたり体調への悪影響を抑えたりする目的を持つ食事療法が有効だとされています。

こうした療法は腎臓への負担を軽減する、あるいは負担となる様な成分を極力体内に入れない様にすることを主な狙いとしており、その食事内容にはいくつかの共通した特徴が挙げられています。

まず第1の特徴として、塩分を控える点が挙げられます。

これは塩分を構成するナトリウムが、腎臓病となった組織で排せつがしづらい成分となっていることが理由で、担当医や専門家が提示した基準以下になる様に注意する必要があります。


また同様の理由から、野菜や果物などに含まれるカリウムや、乳製品に含まれるリンも適切な摂取量を守る必要が挙げられています。次にエネルギーに関して、たんぱく質を控えながら適切なエネルギー摂取量を守ることが挙げられます。

これはエネルギー活用時において材料を体内で燃焼させる時に、炭水化物や脂質からは副産物として呼吸や汗からも排せつ可能な成分が生成されるのに対して、たんぱく質の場合は主に尿で排せつする副産物が出やすい面が理由となっています。

このため腎臓への負担となりやすく、食事からのエネルギー摂取ではたんぱく質を一般の標準摂取量の半分程度を目安にすると良いとされています。

http://www.dent-kng.or.jp/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%8B%E8%87%AD%E7%97%87
http://www.tda8020.com/

人には聞けない珍しい梅田のシワ取り治療に関するお役立ちコンテンツ満載です。

難波のニキビ治療に関する疑問を解消してください。

渋谷のたるみの様々な相談を受けることができます。

オオサカ堂の注文の情報を公開しています。

元町のインプラントに対する不安感を取り除くための安心情報満載です。


Copyright (C) 2016 腎臓病の際の食事における主な注意点 All Rights Reserved.