腎臓病患者が避けるべき食事について


腎臓病の人が摂る食事で最も大切な事は、腎臓に負担をかけないようにしながら、しっかりとバランスの取れた食事を心がけていく事です。
まず基本は減塩です。


佃煮や漬物、インスタント食品やレトルト食品、練り物等、塩分量の多い食事は控える必要があります。


しょうゆやソースなどの塩分の濃い調味料もできるだけ控えめに使用する事を心がけます。
カリウムの多い野菜や果物も要注意です。


かぼちゃ、トマトはカリウムが多いので避けるようにします。


トマトジュースも控えます。

果物が大好きでどうしても食べたいという人は、メロンやバナナよりはパイナップル、りんご等の方がカリウムが少なめで安心です。また缶詰の果物を活用する方法もあります。腎臓病の食事療法で、いも類や野菜はゆでこぼす方法がよく言われますが、実際にはキャベツの千切りなら冷水にさらす、大根おろしなら汁を切るなどでカリウムはかなり減少します。

皮をむく、種を取る等の作業をまめに行う事が大切です。海藻類はカリウムが多いとされていますが、少量ならそれほど気にする必要はありません。

またエネルギーを取るために大福やショートケーキなどの甘いものを食べる時に気をつけなければならないのが、卵とタンパク質です。

市販の菓子ではあめ、アップルパイ、甘いスナック菓子などがまだタンパク質が少なく、無難だと言えます。

リンを抑えるため、レバーの食べすぎや加工食品にも注意しなくてはなりません。


牛乳やチーズ等の乳製品も控えるようにします。

制限が多いように思えますが、腎臓病を抱えていても、工夫次第では美味しく食事を楽しむ事はおおいに可能ですから、規則正しく血糖値を見て、エネルギーは糖質と脂質を中心にバランスよく確保していくようにします。


http://matome.naver.jp/odai/2137774099446195501
http://matome.naver.jp/odai/2137774099446195501
http://www.houmonshika.org/

あなたの知らない梅田のシワ取りの専門技術を身につけましょう。

町田の歯科の情報が必要なタイミングで手に入ります。

わきがのクリニックに関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

オオサカ堂の評判に関する特集が満載です。

歯周病治療を知りたいならこちらです。


Copyright (C) 2016 腎臓病患者が避けるべき食事について All Rights Reserved.