ビジネスマンのバックアップの心得

  • バックアップをソフトを使って行う

    • パソコンのデータをいざというときにバックアップをとっておかないともしパソコンが壊れてしまったらバックアップがないということでデータが復元ができません。


      そのためにまず、必ずデータをバックアップしておく必要があります。



      そうするには、いろいろな方法がありますが簡単な方法はフリーソフトなどを使ってデータをコピーするということです。



      しかし、コピーをするには別に保存するHDDが必要となります。

      そのHDDはなるべくもとのデータが入っているHDDの容量よりも大きいものか同じものを使うといいです。



      理由としてはデータをコピーするときに容量不足でデータがバックアップできないということがあります。



      そうならないように容量の大きいHDDが必要になります。
      私も一度データがパソコンが壊れたせいで消えていってしまった経験があってそれ以降はフリーソフトなどを使って月に何回かはデータをバックアップしています。



      月に何回かコピーすることによって万が一データが吹き飛んだとしてもその別のHDDからデータを復元することによって以前使っていたパソコンと同じ状態に戻るのでとても便利です。

      このようなデータを別のHDDにコピーするソフトは多くありそのソフトによって異なった動作でどのような性能が出るかわからないのでダウンロードする前などに確認したり自分に適しているかなどをチェックしてからダウンロードしてみたらいいです。

      そのようなソフトでコピーしたら簡単に復元ができるのでとても重宝しています。



  • 関連リンク

    • 現在は、スマートフォン、タブレット等のマルチデバイスが普及しています。スマートフォン、タブレット等の普及により、ユーザが利用するデータも多様なものとなっています。...

    • パソコンを使用していて、データを失ってしまうという可能性は確かにあります。データを記録している装置が故障したり、あるいは誤ってデータを消去してしまうといったことが後を絶ちません。...